"歴史・思想・文化" の一覧

沈黙の提督・伊藤整一/夢・大アジア第23回定例会

戦艦大和

    ご参加ありがとうございました。       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     4・25のテーマは「沈黙の提督伊藤整一」です。 70年前の4月、戦艦大和による沖縄水上特攻を敢行、大和とともに戦死し、

続きを読む…

日清戦争戦勝120年 日清戦争と福岡/第22回夢・大アジア定例会

    終戦70周年の影に隠れ、あまり話題に登りませんが、今年は日清戦争戦勝120周年にあたります。日清戦争の勝利はそれまで長く続いた華夷秩序を覆し、アジアに新しい秩序を打ち立てた画期的な出来事でした

続きを読む…

玄洋社のインド独立支援「玄洋社の歴史を語る」講演会・第10弾/夢・大アジア第21回定例会

『人ありて 頭山満と玄洋社』 井川聡・小林寛著 海鳥社

  10回目の開催となります。 今回の内容は、 〝玄洋社のインド独立支援〟です。   ラス・ビハリ・ボースの来日は1915(大正4)年。 今年(平成27年)はちょうど100年に当たります。 いよいよア

続きを読む…

玄洋社の再起動、民権から国権へ!「玄洋社の歴史を語る」講演会・第9弾/夢・大アジア第19回定例会

『人ありて 頭山満と玄洋社』 井川聡・小林寛著 海鳥社

  9回目の開催となります。 今回は、来島恒喜による不平等条約粉砕以後の玄洋社をお話となります。 テーマは「玄洋社の再起動、民権から国権へ」。 内容は、第一回総選挙、選挙大干渉、アジアへの視点転換になります。主

続きを読む…

来島恒喜烈士、大隈重信を襲撃!「玄洋社の歴史を語る」講演会・第8弾/夢・大アジア第18回定例会

『人ありて 頭山満と玄洋社』 井川聡・小林寛著 海鳥社

  8回目の開催となります。 「天下の諤々(ガクガク)は君が一撃にしかず」来島恒喜先生の法要において頭山満先生が述べられた短くも重い弔辞です。 今回はその来島恒喜先生の人物像と大隈重信襲撃決起の背景と影響に

続きを読む…

“書評の鉄人”浦辺登氏が語る日本の歴史4回シリーズ第1弾/夢・大アジア第17回定例会

浦辺登

  「書評の鉄人」こと作家・浦辺登先生が関東より福岡へ帰郷されました。   福岡県筑紫野市のご出身で、今までに無い視点から、玄洋社にまつわる話などを書籍として刊行されてきました。   本年の

続きを読む…

「玄洋社の歴史を語る」講演会・第7弾/夢・大アジア第16回定例会

『人ありて 頭山満と玄洋社』 井川聡・小林寛著 海鳥社

  ついに7回目の開催となります。 今回は頭山満先生と共に玄洋社の草創期を支えられた箱田六輔先生の人物に迫る内容となります。 非業の最期の意味は何だったのか、井川聡先生のご講演に注目です。 毎回30数名程度の参

続きを読む…

「玄洋社の歴史を語る」講演会・第6弾/夢・大アジア第14回定例会

『人ありて 頭山満と玄洋社』 井川聡・小林寛著 海鳥社

  NHK黒田官兵衛によって全国的に福岡に注目が集まると思われる来年(H26)。 この福岡にあって最も陰に隠されてしまっている歴史を共に学びませんか。 「福岡を知ればもっとアジアが面白くなる」をキャッチフレーズ

続きを読む…

「玄洋社の歴史を語る」講演会・第5弾 IN住吉神社能楽堂/夢・大アジア第13回定例会

『人ありて 頭山満と玄洋社』 井川聡・小林寛著 海鳥社

  住吉神社能楽堂をお借りしての講演会。 歴史ある建物の中で、まさに歴史を感じながらの勉強会でした。     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きを読む…

「宮中歌会始に詠進歌を提出しよう」全員詠めます!ご皇室と和歌。日本の歴史と文化を実感!/夢・大アジア第12回定例会

宮中歌会始

  参加者9名。 井野口講師は、沖縄に想いをいたされた昭和天皇様とその想いを受け継いでおられる今上陛下の想いについて、御製を紹介しながらお話しされました。 参加者は今年のお題「静」を詠み込んだ歌をしたため、来年

続きを読む…