細川呉港先生講演会「知られざるモンゴル」/第1回 モンゴル研究会


 

平成24年8月21日開催 第1回 モンゴル研究会 「知られざるモンゴル~満蒙独立運動から内モンゴル自治区へ」 細川 呉港 氏(『草原のラーゲリ』著者) 参加者  35名

 

草原のラーゲリ

 

名著『草原のラーゲリ』著者 細川呉港氏が福岡に来られます。

ラーゲリとは収容所のことです。
満州国・ハルピン学院を卒業し官吏となった内モンゴル人が、満州国崩壊後、34年もの間ラーゲリ(収容所)を転々とさせられる数奇な人生。その人物を通して、日本、ソ連、中国のはざまに生きるモンゴルの歴史、ソ連・中国の知られざる歴史が語られます。

中国からの独立問題というと、チベットと東トルキスタンとは話題にのぼるものの、モンゴル問題が語られることはほぼ全くないと言っても良いのが現状ではないでしょうか

しかし歴史を振り返ってみれば、満蒙独立運動・満州国と日本人はモンゴルに大変深く関わってきています。

今回の企画を通して、私たち自身がモンゴルへの関心を持ち続ける意味、そしてその視点とを得ることが出来ればと考えています。大陸の奥地で何が起きているのか、これからどうなるのか、中国問題を考える上で抜け落ちてはいけない大きな課題がここにあります。

なお、会場はモンゴル料理のお店です。
モンゴル料理とモンゴルのお酒を楽しみましょう。
モンゴルの衣装もありますよ。(笑)

講師の来福に合わせた日程のため、急なご案内で申し訳ありません。

                記
1、日 時:平成24年8月20日(月) 18:30~21:30
  講 演:18:30~19:30
  懇親会:19:30~21:30
2、会 場:モンゴルの城
       福岡市南区向野2-6-23(大橋駅から徒歩5分)
3、講 師:細川 呉港 氏
4、演 題:知られざる日蒙交流史、そしてモンゴルはい
       草原のラーゲリに見る満州国崩壊後の内モンゴル
5、会 費:4000円
6、主 催:特定非営利活動法人 夢・大アジア
                                 以上

※講師プロフィール
細川呉港(ほそかわ・ごこう)。1944年広島県生まれ。1965年移民船でキューバへ。早稲田大学卒。集英社入社後、宣伝部、日本版PLAYBOY、ファッション誌 MORE編集部、筑波科学博覧会副館長をへて学芸編集部長。現在はフリー。東洋文化研究会主宰。牧野植物同好会会員。著書に『満ちてくる湖』平河出版、『ノモンハンの地平』光人社、『日本人は鰯の群れ』光人社、『草原のラーゲリ』文藝春秋社など多数。

 

コメントを残す