「玄洋社の歴史を語る」講演会 “もうひとつの日本とは”/夢・大アジア第3回定例会


43名のご参加、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢・大アジア11月定例会(一般公開)のご案内。

 

『人ありて 頭山満と玄洋社』の著者・井川聡氏(読売新聞記者)を
お招きしての講演会を開催いたします。

『人ありて 頭山満と玄洋社』は平成13年1月から翌3月にかけて、
読売新聞西部本社版社会面で92回にわたった連載を基にしたものです。

玄洋社の歴史を学ぶ機会は、
ここ地元福岡においてさえそうないのではないかと思います。

辛亥革命100年だった昨年、
長崎の梅屋庄吉がもてはやされ、
孫文を助けた日本人として有名になりました。

しかしそれ以上に、いや比べものにならないくらい支援したのが、
玄洋社の方々でした。
戦後タブー視されて語られなかった歴史。
地元福岡の誇るべき先輩方の歴史をシリーズで学んでいきます。

〝彼らが目指したものは、西欧の近代主義に立脚した国づくりではなく、西郷が夢見た、もっと東洋的な和の精神を大切にする「もうひとつの日本」だったように思える。〟(『人ありて 頭山満と玄洋社』より)

どなたでもご参加いただけます。
ぜひご参加下さい。

定例会(講演会)終了後、会場を移して懇親会を開催します。
実費3千円程度を予定しています。
懇親会参加希望の方は、必ずメッセージかコメントでお知らせ下さい。

          記
1、日時:平成24年11月20日(火)19:00~20:30
2、会場:スペースキューブ6階
      福岡市中央区春吉1-7-11
      ※ホテルニューオータニ、サンセルコの裏です。
3、講師:井川 聡 氏(読売新聞記者)
4、演題:「玄洋社の歴史を語る」
5、会費:千円
     ※正会員は無料
6、主催:特定非営利活動法人 夢・大アジア
                     以上