ペマ・ギャルポ先生講演会「日本よ、アジアに夢を描け!」/第1回夢・大アジアフォーラム


 

 平成25年4月6日、ペマ・ギャルポ先生講演会/第1回夢・大アジアフォーラムを開催し、約100人の参加者で盛況のうちに終了致しました。

 

 ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

「夢・大アジア」フォーラム、ペマ・ギャルポ先生講演会

                 ペマ・ギャルポ先生講演会/夢・大アジアフォーラム

 

 ペマ先生は、「夢・大アジアの法人紹介パンフレットを飛行機の中で読んで話したい内容が変わりました」と語り始められ、驚きとともに講演会がスタートしました。

 

ペマ・ギャルポ先生(桐蔭横浜大学教授)

ペマ・ギャルポ先生
(桐蔭横浜大学教授)

 

 当初はチベットの現状と中国の問題点についてお話される予定だったそうです。実際には、大アジア主義の理想と、私たちの先輩方が多くの犠牲を払ってアジアの独立を勝ち取って来られてきたことを訴えられました。

 

 そして、かつてアジアの独立を脅かしたのは西洋の覇権主義であったが、いまはアジアの中の覇権主義と闘わなければならないことを強く訴えられました。

 

 ご講演の最後には、来年(2014年)が孫文の大アジア主義演説(1924年)から90年であることを指摘され、一緒に事業開催をしようとの呼びかけまでいただきました。

 

 大変熱い迫力あるご講演に感動しました

 

 ------------------------------------------------

夢・大アジアでは、このたびペマ・ギャルポ先生をお招きして、 第1回「夢・大アジア」フォーラムを開催します。

ペマ先生はチベットにお生まれになられ、 中国共産党の侵略により、ダライ・ラマ14世に従って亡命、 長らく日本での亡命生活を続けてこられました。

その間、ダライ・ラマ法王アジア・太平洋地区担当初代代表に就任されるなど、 幅広いご活動により、チベットの現状、日本が立ち上がらなければならないことを 切々と訴え続けてこられておられます。

テレビ・雑誌等でご活躍されておられ、 大変お忙しい中での福岡での講演会の実現です。

いま日本にとって最も重要な対中国問題を、 ご自身の人生を通してひしひしと感じてこられたペマ先生の言葉をぜひ皆様にお聞きいただきたいと思い企画しました。 ぜひこの機会にご参加ください。

なお、同時企画として、舞台俳優と筑前琵琶奏者による 『骨の声』の特別上演会も開催いたします。

建国記念式典で大変好評だった『神武東征記』に続く第2弾です。 大東亜戦争のおりの、ビルマ/ミャンマーでの未帰還のご遺骨の収集・帰国運動の推進企画です。 あわせてご期待下さい。

             記

1、日 時:平成25年4月6日(土) 講演会:14:00~16:30 (参加費2千円)※学生千円 ※会員無料

                 懇親パーティー:17:00~19:00 (参加費5千円)

2、会 場:タカクラホテル福岡 福岡市中央区渡辺通2-7-21(西鉄薬院駅から徒歩2分)

3、講 師:ペマ・ギャルポ先生(桐蔭横浜大学教授)

4、演 題:「日本よ、アジアに夢を描け!」(仮)

5、上 演:「ビルマ/ミャンマーご遺骨帰國運動」推進企画 筑前琵琶と舞台俳優による上演『骨の声』 寺田蝶美(筑前琵琶)、岩城朋子(舞台俳優)

6、主 催:特定非営利活動法人 夢・大アジア(理事長 石井英俊) 「夢・大アジア」フォーラム実行委員会(実行委員長 井上政典)                                              以上

※懇親パーティは講師を囲んでの立食形式です。 懇親パーティー参加希望の方は、必ずメッセージかコメントでお知らせ下さい。